--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.0322:20

昨年の出生数、2万人減少(医療介護CBニュース)

 2009年の出生数は107万25人で、前年から2万1131人減ったことが、厚生労働省が6月2日に公表した人口動態統計月報の年計(概数)で分かった。1万人以上の減少は05年以来で、一人の女性が一生の間に産む子どもの数を表す「合計特殊出生率」は、06年から08年にかけて3年連続で上昇していたが、横ばいにとどまった。

【出生数および合計特殊出生率の推移詳細】

 出生数を母親の年代別に見ると、30-34歳が38万9788人で最も多く、25-29歳が30万7764人、35-39歳が20万9703人、20-24歳が11万6807人で続いた。15-34歳ではいずれの年代も前年より減少したが、35-49歳では増加した。
 一方、合計特殊出生率は、04年1.29、05年1.26、06年1.32、07年1.34、08年1.37と3年連続で増加していたが、09年は1.37で、前年から横ばいだった=グラフ=。年代別に見ると、15-29歳では前年より減少したが、30-49歳では上昇した。都道府県別では沖縄(1.79)、宮崎(1.61)、熊本(1.58)など九州・沖縄地方で高く、東京(1.12)、北海道(1.19)、京都(1.20)など大都市を含む地域で低かった。

 死亡数は114万1920人で、前年より487人減った。出生数と死亡数の差を表す自然増減数は7万1895人のマイナスで、前年より2万644人減り、前年に引き続き過去最大の減少となった。


【関連記事】
出生率1.37、3年連続上昇
09年の人口減少幅、引き続き拡大
医療改革のグランドデザインを承認―日産婦学会総会
平均寿命、男女共に3年連続の過去最高
昨年の人口減少幅、戦後最大に

大久保被告の弁護人が特別抗告(産経新聞)
<虐待>4歳の男児を殴る 容疑で26歳の父親逮捕 奈良(毎日新聞)
辻元・国交副大臣、辞表提出へ…福島党首見通し(読売新聞)
自民、参院宮城で現職推薦へ(産経新聞)
リンクシェア・ジャパン、シックス・アパートのウェブサイト管理ソフトウェア「Movable Type」に対応した、『LinkShare Affiliate Tools』を提供開始
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。