--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.2417:55

羽田空港に「世田谷みやげ」(産経新聞)

 世田谷区ゆかりのお土産として区に指定された「世田谷みやげ」を集めた物産コーナーが、大田区の羽田空港第2ターミナル3階フードプラザに、5月31日までの期間限定でお目見えした。

 コンディトライ・ニシキヤの「祖師谷生ロール」、菓心たちばなの「世田谷ももこ」、三恵の「三軒茶屋Tシャツ」など、世田谷区自慢の菓子など20品以上が並んだ。羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングによると、自治体の物産コーナーを置くのは初の試みだという。

「ネットで教育問題語ろう」文科省が掲示板(産経新聞)
「決着」、米と地元の合意必要=普天間移設で鳩山首相強調(時事通信)
パトカーに追われた車衝突、1人死亡3人重軽傷(読売新聞)
“緑藻”からバイオ燃料 筑波大大学院教授・渡邉信さん(産経新聞)
立山黒部アルペンルート全面開通(産経新聞)
2010.04.2201:19

舛添・東国原氏が会談、政局対応も意見交換?(読売新聞)

 自民党の舛添要一・前厚生労働相は15日、国会内で東国原英夫宮崎県知事と会談し、地方分権改革推進のため協力する考えで一致した。

 今後の政局対応についても意見交換したとみられる。

 会談は、東国原氏が申し入れた。舛添氏は自民党の現状について、「なかなか改革、解党的な出直しが進んでいない」との認識を表明。「今、新たな政策集を作っている。地方については頼みます」と東国原氏の協力を要請し、同氏も了承した。

 会談後、東国原氏は記者団に「権限や財源の移譲という政策で打って出るなら応援していく」と述べ、舛添氏との連携に前向きな考えを示した。舛添氏は「いい政策の議論ができた」とだけ語った。

コンビニトイレに乳児遺体=札幌(時事通信)
全国学力テスト始まる 3割抽出方式(産経新聞)
チューリップ500本折られる=河川敷で、器物損壊で捜査-兵庫県警(時事通信)
神社施設集約、有償提供へ=最高裁違憲判決で-北海道砂川市(時事通信)
「男性に振られて誰でもいいから傷つけたかった…」 通行人切りつけた女性を逮捕(産経新聞)
2010.04.2002:20

元副署長、20日強制起訴=検察審査会の議決受け-明石歩道橋事故・神戸(時事通信)

 兵庫県明石市で2001年、11人が死亡した歩道橋事故で、検察官役の指定弁護士は19日、検察審査会が業務上過失致死傷罪で起訴議決した榊和晄・元県警明石署副署長(63)について、20日に強制起訴することを明らかにした。昨年5月の改正検察審査会法で導入された起訴議決制度に基づく初のケース。 

自動車整備工場でガスボンベに引火、3人やけど(読売新聞)
旧海軍幹部の証言集刊行=内部批判、政府や陸軍に不満も-井上元大将ら・水交会(時事通信)
火山噴火 成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)
<上関原発>反対派の島民 妨害禁止決定で広島高裁に抗告(毎日新聞)
ヘリ近接飛行で事実関係照会=中国側に外交ルートで-防衛省(時事通信)
2010.04.1309:24

神奈川の駐屯地で結核集団感染=教育課程参加者10人発症-陸自(時事通信)

 陸上自衛隊武山駐屯地(神奈川県横須賀市)で隊員が教育課程に参加中、結核に集団感染した疑いが強まり、同駐屯地は9日までに、管轄の横須賀市保健所に届け出た。
 これまでに10人が発症したほか、84人が血液検査で陽性反応が出たが全員症状は軽く、発症者のうち6人は退院したという。
 陸自では昨年9月に板妻駐屯地(静岡県)と高田駐屯地(新潟県)で発症者が出たのをはじめ、今年2月までに計6人が発症。全員が昨年4月~6月に武山駐屯地で行われた教育課程に参加しており、3月3日から同課程参加者を中心に約850人の健康調査をしたところ、新たに4人の発症が判明したという。 

【関連ニュース】
結核検査2200人誤診の疑い=大阪府、正しい検査器具使わず

<河村名古屋市長>応援団長に俳優の菅原文太さん(毎日新聞)
<川崎マンション火災>重体の4歳次男も死亡(毎日新聞)
<核安保サミット>幸夫人同行せず 首相「公務専念」演出?(毎日新聞)
紳士用のジャージージャケットが人気 着心地は楽チン 見た目はきちん(産経新聞)
児童の性的虐待、実父が最多…発見より難しく(産経新聞)
2010.04.0813:02

名張毒ぶどう酒事件 「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)

 名張毒ぶどう酒事件の奥西勝死刑囚(84)の第7次再審請求で、審理を名古屋高裁に差し戻した最高裁決定(5日付)を受け、奥西死刑囚の支援者が7日、名古屋高検を訪れ、05年に高裁が一度決定した再審開始に対する検察側の異議申し立てを取り下げて再審決定を確定させるよう要請した。

 支援団体「名張毒ぶどう酒事件愛知・奥西勝さんを守る会」のメンバーら約15人が午前10時過ぎに訪問。異議取り下げのほか、▽奥西死刑囚の即時釈放▽捜査の初期段階における重要参考人の供述など未開示証拠の開示--を盛り込んだ要請書を提出した。

 最高裁決定により、高裁の再審開始決定に検察側が異議申し立てをした段階まで審理が差し戻される。このため要請では、差し戻し審に入る前に検察側が異議申し立てを取り下げるよう求めた。

 また即時釈放については、足利事件で検察側が職権を発動して無罪確定前の菅家利和さんを釈放したことを引き合いに要望した。【沢田勇】

【関連ニュース】
名張毒ぶどう酒事件:他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第
名張毒ぶどう酒事件:差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性…最高裁が差し戻し
社説:毒ぶどう酒事件 一刻も早い審理が必要

<鳩山首相>参院選「2人当選に全力」(毎日新聞)
介護福祉士国試、合格者7万人超で過去最高―2回連続減から一転(医療介護CBニュース)
0円携帯に苦情…頭金だけタダ・解約で高額請求(読売新聞)
警察庁長官銃撃を不起訴=東京地検(時事通信)
普天間、きょうにも閣僚協議(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。